https://funabashi-circle.jp/wp

家計改善支援事業

家計改善支援事業について

収入と比較して支出の方が多くなりこれからの生活に不安を抱えている方や、多重債務等で家計に課題を抱える方等を対象に、ご自身で家計管理ができるように相談支援や債務整理に向けた関係機関へのつなぎ、貸付のあっせんなどを行い、早期に生活が再生されるよう支援を行います。

例えばこんなお悩み
・税金や家賃などの滞納がある
・借金の返済のためにまた借金をしてしまった
・毎月きちんと返済をしているのに借金が減らない
・年金だけで暮らすことができない

事例

30代女性 Aさん

【経緯】
Aさんには頼れる親族が居ません。総合商社に勤務しながら1人暮らしをするも金銭管理が出来ず、消費者金融から借り入れを繰り返しました。その結果、多重債務者となり、債務返済が出来ないほど債務が膨らみました。消費者金融や金融機関からの督促が連日続き、どうして良いか分からず途方にくれてしまいました。何から手をつけてよいか分からず、相談に訪れました。

支援内容

家計改善支援事業を利用して、まず、家計表を一緒に作成することになりました。1か月分の領収証や銀行通帳の預金残高の変動を確認し、日々のお金の使い方に改善できる点があることに気がつきました。
借金については、最寄りの弁護士事務所へ相談し、現在の家計状況を弁護士に伝えました。自己破産を弁護士から勧められ、ご本人も希望したため、債務整理を実施しました。その後は、毎月1回家計表を作成し、収支の動きを確認しながらアドバイスを行いました。

結果

数か月間にわたる家計改善支援により家計収支が黒字となりました。金銭管理が出来ない原因は、極度のストレスによるものでしたが、適正な医療受診と債務整理、家計表による家計改善の相談支援を積み重ねた結果、いつしか衝動的な買い物もしなくなりました。転職も行ったことで希望職種に就き、会社員として働いています。現在は、お金に追われる人生と決別し、貯金ができる生活を送っています。

Copyright© 船橋市「保健と福祉の総合相談窓口」 さーくる , 2022 All Rights Reserved.